アメ本大好き!!

アメリカ文学大好きなんで、色々取り扱っています。イギリスの本もちらほら・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

恋の香りは秋風にのって (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
19世紀の英国。アメリカ人新興実業家ボウマン家の長女、リリアンは、家族と一緒に、数週間におよぶウェストクリフ伯爵のハウスパーティに招待されていた。香りに強い感受性をもつリリアンは、出発前に、香水商で、理想の恋人と出会えるという「秘密の香水」を手渡される。パーティーの主催者は、広大な地所、館の主、ウェストクリフ伯爵。美貌の青年貴族だが、高慢で、堅苦しく、どうにもリリアンの気にさわる。それはウェストクリフ伯爵も同様で、不作法なリリアンが不快だった。ところがある日、ウェストクリフは、ものかげでリリアンとふたりきりになったとき、リリアンを抱きしめキスしてしまう。戸惑うふたり。これは、「魔法の香水」のせい?それとも…?「壁の花シリーズ」第2弾、待望の刊行です。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
クレイパス,リサ
これまでに20冊以上のヒストリカル・ロマンスを執筆し、12カ国語に翻訳されている。1985年にミス・マサチューセッツに選ばれ、アトランティックシティで開かれたミス・アメリカ・コンテストに出場した。ウェズリー・カレッジで政治学を専攻したあと、21歳で処女作を出版。彼女の作品は「ニューヨーク・タイムズ」、「USAトゥデイ」、「パブリシャーズ・ウィークリー」、米国最大の書店チェーン、ウォールデンブックスなどのベストセラー・リストの常連である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ロイヤルバレエスクール・ダイアリー (3)パーフェクトな女の子 (単行本(ソフトカバー))

出版社 / 著者からの内容紹介
パリからきた新入生はバレエも勉強も完璧にできるが、何だか感じが悪いのはなぜ? ポアントのステップがうまくできないエリーは、考査を前に落ち込んでしまう……

内容(「BOOK」データベースより)
年が明けて、新学期がはじまった。エリーはホワイトロッジにもどれてうれしくてたまらない。パリからきた新入生は、バレエも勉強も完璧だけど、なんだか感じが悪いのはなぜ?ポアントのステップがうまくできなくて落ちこむエリー。もうじき考査があるのに、どうしよう…。

嘲笑う男 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
邦訳機会に恵まれてこなかった作家ラッセルの短篇集。ゴシック怪奇小説の名作「サルドニクス」のほか「役者」「檻」など17編を収録。読んでいる間はスリリングで楽しくて、最後のオチにハッとする、娯楽的読書に最適な一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ラッセル,レイ
1924‐1999。イリノイ州シカゴ生まれ。「プレイボーイ」誌の編集者を長くつとめた。1950年代からは、SFやホラー色の強い短篇作品を「ウィアード・テールズ」や「アメージング・ストーリーズ」などに発表

永井 淳
1935‐。埼玉大学文理学部英文科卒業。英米文学翻訳家。アーサー・ヘイリー、ジェフリー・アーチャーらの作品などを翻訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

黄色の妖精サフラン (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
「聞こえた?」レイチェルがうなりました。「うん」カースティは、目を見ひらきました。「これが、きっと魔法の小川に違いないわ!」レイチェルの心臓はドキドキしていました。「きっと、この小川が、黄色い妖精の居場所を教えてくれるのね」さて、黄色の妖精サフランは、どこにいるのでしょう。

内容(「MARC」データベースより)
魔法の小川にたどりついたレイチェルとカースティ。この小川が、黄色い妖精の居場所を教えてくれるというのですが…。さて、黄色の妖精サフランは、どこにいるのでしょう?

ゲド戦記 4 帰還 (単行本(ソフトカバー))

内容(「BOOK」データベースより)
魔法の力を使い果たしたゲドは故郷ゴント島に戻り、テナーと再会する。大火傷を負った少女も加えての共同生活が軌道にのりだした頃、三人は領主の館をめぐる陰謀に巻き込まれてゆく。太古の魔法を受け継ぐのは誰か。

内容(「MARC」データベースより)
魔法使いゲドの生涯とアースシー世界の光と闇を描く壮大な物語の第4巻。魔法の力を使い果たしたゲドは故郷に戻りテナーと再会。大火傷を負った少女も加えての共同生活が軌道にのりだした頃、3人は陰謀に巻き込まれてゆく…。

すばらしい新世界 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
人工授精やフリーセックスによる家庭の否定、条件反射的教育で管理される階級社会――かくてバラ色の陶酔に包まれ、とどまるところを知らぬ機械文明の発達が行きついた“すばらしい世界”!人間が自らの尊厳を見失うその恐るべき逆ユートピアの姿を、諧謔と皮肉の文体でリアルに描いた文明論的SF小説。

ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版) (新書)

Amazon.co.jp
   もしも人生最初の10年間を、自分をひどく嫌う一家の階段の下で寝泊まりするとしたら? そこを途方もない、「魔術的な」運命のいたずらで、いきなり魔法使いや、カゴに入ったシロフクロウや、不死鳥の羽根の入った杖や、イチゴ味、カレー味、草味、イワシ味…などなどのゼリービーンズに取り囲まれたとしたら? いや、そればかりか、なんと自分まで魔法使いだとわかったとしたら!    これらはまさに、J.K.ローリングの魅力的で笑いにあふれるデビュー作、『Harry Potter and the Sorcerer's Stone』(邦題『ハリー・ポッターと賢者の石』)の主人公、幼いハリー・ポッターの身に起こったことなのだ。魔法とは無縁の人間(「マグル」)の世界では、ハリーは何者でもなく、おじやおばから邪魔者扱いされているばかり。おじとおばはハリーの両親が邪悪な魔法使い、ヴォルデモートに殺されたあと、いやいやハリーを引き取ったのだ。ところが魔法使いの世界では、小柄でやせっぽちのハリーは、ヴォルデモートに殺されそうになりながらも生き残った子どもとしてきわめて名の通った存在。死を免れたハリーには稲妻形の額の傷と、驚くほど研ぎ澄まされた感覚だけが残ったのだった。それに、あふれるほどの不思議な力が、自分はおばやおじや、わがままでブタそっくりのいとこのダドリーとはまったく…何から何まで違うんだと気づかせてくれるのだった。    気さくな巨人、ハグリッドが届けてくれた不思議な手紙がもとで、マグルに虐げられていた、惨めなハリーの生活は一変する。「貴殿にホグワーツ魔法魔術学校の入学許可が下りたことをお知らせできるのは誠にうれしいかぎりです」。当然、バーノンおじさんはめちゃめちゃ不機嫌になってわめき出す。「気の狂ったまぬけじじいがこいつに魔法なんぞを教えるのに、わしは金なんか出すつもりはないぞ!!」ところが、あっという間にハリーはフクロウのヘドウィグとともにホグワーツ校に到着している。この学校で、本当の冒険── 愉快で不気味でスリル満点の冒険── が始まるのだ。  『Harry Potter and the Sorcerer's Stone』は当初イギリスで『Harry Potter and the Philosopher's Stone』として出版され、その後イギリスの主な賞を獲得し続けている。これまでに英国文学賞、スマーティーズ賞、児童文学賞を受賞、カーネギー賞やニューベリー賞英国版の候補にもなった。この不思議な魔力で心を引きつける本は、将来も古典となって読み続けられることだろう。本書を読んだ子どもたちは、『Harry Potter and the Chamber of Secrets』(邦題『ハリー・ポッターと秘密の部屋』)や『Harry Potter and the Prisoner of Azkaban』(邦題『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)も夢中で読みたがるはずだ。 --このテキストは、 ハードカバー 版に関連付けられています。

『英語ペラペラキッズ(だけにじゃもったいない)ブックス』 より
世界中の子どもから大人までが物語に惹きこまれ、映画化も実現した「ハリー・ポッター」シリーズの第1作。
両親を亡くしたハリー少年は、赤ちゃんのころに人間の親戚に預けられたが、11歳の誕生日を迎えるとき、ホグワーツ魔法学校からハリーのもとに入学許可証が届く。魔法学校では誰ひとりとしてハリーを知らない者はいない、魔法使いの子だと、はじめて知らされるハリー。
友だちや信頼できる先生と出会い、魔法を身につけながら、自分の両親の命を絶った邪悪な力との運命の戦いを繰り広げてゆく。戦いに挑む勇気と大切な人を守る勇気を合わせもち、ハリーは冒険を続けてゆく。全7巻のうち、現在出版されているのは5巻。子どもたちに「本を読む楽しさ」を味わわせてくれるシリーズだ。(か)
Copyright© ペイパーウェイト・ブックス All rights reserved. --このテキストは、 ペーパーバック 版に関連付けられています。

グレート・ギャツビー (文庫)

Synopsis
Set in the post-Great War Long Island/New York world of the rich. The narrator, Nick Carraway, sympathetically records the pathos of Gatsby's romantic dream which founders on the reality of corruption, the insulated selfishness of Tom and Daisy, and the cutting edge of violence. --このテキストは、 ペーパーバック 版に関連付けられています。

Amazon.co.uk
In 1922, F Scott Fitzgerald announced his decision to write "something new--something extraordinary and beautiful and simple, intricately patterned". That extraordinary, beautiful, intricately patterned and, above all, simple novel became The Great Gatsby, arguably Fitzgerald's finest work and certainly the book for which he is best known. A portrait of the Jazz Age in all of its decadence and excess, Gatsby captured the spirit of the author's generation and earned itself a permanent place in American mythology. Self-made, self-invented millionaire Jay Gatsby embodies some of Fitzgerald's--and his country's--most abiding obsessions: money, ambition, greed and the promise of new beginnings. "Gatsby believed in the green light, the orgiastic future that year by year recedes before us. It eluded us then, but that's no matter--tomorrow we will run faster, stretch out our arms farther... And one fine morning--" Gatsby's rise to glory and eventual fall from grace be comes a kind of cautionary tale about the American Dream. It's also a love story, of sorts, the narrative of Gatsby's quixotic passion for Daisy Buchanan. The pair meet five years before the novel begins, when Daisy is a legendary young Louisville beauty and Gatsby an impoverished officer. They fall in love, but while Gatsby serves overseas, Daisy marries the brutal, bullying but extremely rich Tom Buchanan. After the war, Gatsby devotes himself blindly to the pursuit of wealth by whatever means--and to the pursuit of Daisy, which amounts to the same thing. "Her voice is full of money," Gatsby says admiringly, in one of the novel's more famous descriptions. His millions made, Gatsby buys a mansion across Long Island Sound from Daisy's patrician East Egg address, throws lavish parties and waits for her to appear. When s he does, events unfold with all the tragic inevitability of a Greek drama, with detached, cynical neighbour Nick Carraway acting as chorus throughout. Spare, elegantly plotted and written in crystalline prose, The Great Gatsby is as perfectly satisfying as the best kind of poem. Perry Freeman, Amazon.com --このテキストは、 ペーパーバック 版に関連付けられています。

アブダラと空飛ぶ絨毯―ハウルの動く城〈2〉 (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
若き絨毯商人アブダラは、ある日、本物の空飛ぶ絨毯を手に入れ、絨毯に連れて行かれた夜の庭で、謎の姫君と恋に落ちた。だが二人が駆け落ちしようとした矢先、姫は巨大な魔神にさらわれてしまう。アダブラは、魔法使いハウルの妻ソフィーの助けを得て、姫の行方を探そうとするのだが…? 人気作家ジョーンズによる奇想天外、珠玉のファンタジー。

内容(「BOOK」データベースより)
不思議な夜の庭で恋に落ちた、わたしの姫がさらわれた。精霊の住む瓶を手に、奇妙な仲間たちと空飛ぶ絨毯に乗って、王女をさらう魔神たちが住むという、空中の城へ…。人気作家ジョーンズが描く奇想天外なファンタジー。「魔法使いハウルと火の悪魔」の姉妹編。10代から。

私の知らないあなた (新書)

内容(「MARC」データベースより)
エンジェルはある計画を胸に、元恋人デリクのオフィスを訪ねた。だがデスクから顔を上げた彼と目が合った瞬間、彼女は予想もしなかった熱い震えに襲われた。計画のことも忘れ、エンジェルは魅入られたように立ち尽くした…。

[アキバ中毒のページ] [千葉の印刷なら千代田印刷] [台東クラブ] [鶯谷・うぐいすだに] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [ハロー!江東区!] [美容外科] [高収入バイト情報] [東京ぶらぶら] [電子たばこ] [台東紀行] [GOGO!江戸川区!] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [墨田区紀行]
[SF狂い.com] [ロマンス天国〜ハーレクイン]

ooo上野Guide~上野であそぼう~ooo 山手線で行く!Libraryooo 千葉の水のおはなし.COMooo アイスが食べたいお年頃@千葉ooo 千葉特産!農業!林業!水産!民芸!工芸!加工食品!郷土料理!ooo 山手線エリア~こだわり専門店~ooo 千葉花火大会情報。千葉はナビ!ooo Fight!格闘技オタク!ooo 千葉のちょっといい景色ooo なでしこJAPANooo Rest for a momentooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo ~品川の街~ooo 千葉の道の駅ooo お笑いタレントooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo 東京都台東区根岸を紹介するページooo -うぐいす谷Guide-ooo シブヤをよく知る為のサイトooo 千葉県の大学一覧ooo